Q なぜタオルははじめに一度洗濯をしてから使うことを勧めるのですか?
A タオルの製造過程で洗濯や乾燥の工程を経ておりますが、製品の保管や陳列の際に外気に触れるなどしておりますので、 やはり洗濯してから使用することをお勧めします。一回目の洗濯後にタオル本来の風合いが出て使い心地が良くなるでしょう。

Q タオルから糸が出ている時(パイル抜け)はどうしたらいいですか?
A 日々使用しているとたまに糸がタオルの生地から出ているがことがあります。このような状態は「パイル抜け」と言われます。タオルのループ上の輪のことをパイルといい、無理に引っ張らないように注意してください。もしパイル抜けが生じてしまったら、千亀利タオルの場合は、収縮糸を使った独自の織り上げ 生地なので、パイル抜けした部分を上下左右に 引っ張ると、元の状態に復元しやすくなっています。なのでハサミで飛び出ている糸を切ることはしないでください。また、パイル抜け等を防ぐためにも、マジックテープやファスナーなどがあるものと一緒に洗濯しないようにしてください。

Q タオルの洗濯時に柔軟剤を入れない方が良いのはなぜですか?
A 柔軟剤には、洗濯洗剤のような洗浄効果はないですが、柔らかく仕上げる効果がありますが、タオルの洗濯に柔軟剤を使用したら、しっかり拭いているのに水分を吸収しにくくなります。これは、柔軟剤によりタオルの表面の繊維が滑らかになることで、吸水しにくくなるからです。

Q どうしてタオルの洗濯に塩素系洗剤や漂白剤は使用不可ですか?
A  塩素系洗剤や漂白剤はとても強力で、衣類などを真っ白に仕上げたい時などに活躍しますが、一方で生地を傷めやすく色落ちもします。タオルの肌触りや質感、色合い等の日常使いでの自然な経年変化を味わっていただく為にも、塩素系洗剤や漂白剤は絶対に使用しないでください。

Q 毛羽落ちや脱色についてについて教えてください。
A  「 毛羽落ち」というのは、綿(コットン)の糸から表面の綿(わた)が剥がれる状態のことを言います。
「脱色」というのは、染料が水洗いで落ちることを言います。タオルは製品上、他の生地製品と比べると表面積が大きく、色落ちもしやすくなっています。 新品のカラータオルは他の洗濯物への色移りを防ぐ為にタオルだけでの洗濯をお勧めします。